サークル紹介 of コール・アマービレ

コール・アマービレはこんなサークルです

コール・アマービレは、埼玉県所沢市の市民(女声)合唱団です。
団員数は20~30人の間を推移しています。
埼玉県合唱連盟に所属し、所沢市内の公民館を拠点に活動しています。

埼玉県合唱祭・おかあさんコーラス大会への参加、という合唱団本来の活動の他、公民館活動の趣旨に沿って、無料合唱講座の開催、市内の老人施設などへの慰問にも力を入れています。
2014年、そうした活動が評価され所沢市から「音マチ」の指定をうけました。
3年毎に活動の集大成として定期演奏会「夢色コンサート」を開催しています。

第6回夢色コンサート

2014年11月8日コール・アマービレの定期演奏会が開かれました

3年に1回の定期演奏会も今年6回を数えました
毎回違ったカラーで演奏会を彩る間庭先生の楽しい演出を楽しみに来られるリピーターさんもたくさんおられます。

第6回の演奏会の曲目は、
第1部三善晃さんと毛利蔵人さんの「赤毛のアン」、
2部は、信長貴富さんの「近代日本名歌抄」、
3部では、しゅうさえこさんの「コーラスはハッピータイム」や嵐の「ふるさと」などを歌いました。
最後には会場の皆さんと「花は咲く」を歌って感動的に終わりました。

アマービレ定演チラシ決定稿.jpg
IMG_0014.JPGIMG_0092.JPGIMG_0084.JPG
IMG_0110.JPGIMG_0109.JPGIMG_0145.JPG

クリックすると拡大します。

コール・アマービレのあゆみ

1997年
誕生

歌は好き、でも合唱経験はなし!という3人の主婦によってコール・アマービレが誕生した。師事していた声楽家の間庭小枝氏を指導者に迎え、幼稚園や小学校で声をかけ集まった仲間たちで活動を始めた。


1998年

初めての合唱祭参加
わくわくドキドキの合唱祭参加。「十五夜お月さん」「3つの汽車の歌」でデビュー.


2000年

第1回夢色コンサート
小手指公民館分館2Fホールで初めての単独コンサートを開催。以後3年ごとに定期演奏会を開くというペースができる。「童謡絵巻」「宮崎駿アニメ曲」から、汽車の歌や、トトロを歌った。

2001年 

合唱講座開催

2002年

施設慰問コンサートが定期開催へ
.最初の慰問公演は1999年。慰問公演がこの年から活動の柱の一つになった。

2003年
第2回夢色コンサート開催

会場をミューズキューブホールに移動、やなせたかしさんの「バラ色のくじら」などを熱唱。この年「おかあさんコーラス大会」にも参加。合唱講座開催・合唱祭参加・慰問活動・おかあさんコーラス大会参加という、ほぼ現在の活動内容ができあがる。

2004年

おかあさんコーラス関東大会へ
抽選で選ばれて関東大会のため水戸へ。貴重な経験だった。

2006年

第3回夢色コンサート開催
4月、キューブホールにて。星野富弘さんの詩を歌う。この年は、作曲家の大中恩さんの指導も受けることができた。

2008年

第4回夢色コンサート
大中恩さんの「海のオルゴール」と山田耕筰物語などを歌う。

2011年
第5回夢色コンサート

東日本大震災のショックは長らく団員の心にも影をおとした。ミューズマーキーホールで岸田衿子さん・木下牧子さんの「花のかず」やなせたかしさんの詩の「愛するうた」。この年は1日合唱講座の参加者にも一部のステージに参加してもらった。

2014年
第6回夢色コンサート

ホールをキューブホールに移した。三善晃さんの組曲「赤毛のアン」、信長貴冨さんの「近代日本名歌抄」、しゅうさえこさんの曲集を演奏。朝ドラ「花子とアン」、アニメ「赤毛のアン」の放送と間庭先生の3年前の選曲が命中し、満員の大盛況。多彩な演出は、お客様にとても喜んでいただけた。